はな旅ごころ

大学休学してワーホリ生活した24歳女子が「やりたいことをやりたいときにやる」をモットーにワーホリやら旅行について語ります。

【シャーロック・ホームズ博物館】世界一有名な住所「ベイカーストリート221B」を訪れてみた

 

f:id:hana_tabi:20180926180818p:plain

 

 

世界が愛するシャーロック・ホームズ 

 

イギリス人作家のアーサー・コナン・ドイルが発表した推理小説シャーロック・ホームズシリーズは世界中で読まれていて、現在もなお大人気なシリーズですよね。

 

そんなシャーロック・ホームズがワトソンと一緒に住んでいた下宿先、ベーカーストリート221Bは世界で最も有名な住所としても知られています。

 

シャーロック・ホームズは実在した人物ではありませんが、ベイカーストリートは実在します。そこにあるのがシャーロック・ホームズ博物館です。

(正確には221B番地ではないようですが)

 

1990年にオープンしたこのシャーロック・ホームズ博物館は、1815年に建築された建物で、英国政府から重要文化財に指定されているほど貴重な建物なんです。

実際に下宿家として登録されていた時期もあるようです。

 

ホームズたちが住んでいた1881~1904年当時のヴィクトリア朝様式がそのまま残されていて、部屋に飾られているアンティーク家具から小物まで当時を感じることができる建物になっていました。

 

 

ベイカーストリート駅からシャーロック・ホームズがいたるところに!

 

地下鉄でベイカーストリート駅に到着すると、大きなホームズの影が迎えてくれます。

 

f:id:hana_tabi:20180926144422j:plain

 

私は興奮してしまって気づかなかったのですが、よく見てみるとそれぞれの点も小さなホームズなんです。ぜひ近づいてチェックしてみてください。

 

駅を出たところにはシャーロックホームズの銅像もあるようです。

 

 

1時間や2時間待ちは当たり前!?行列ができるシャーロック・ホームズ博物館

 

シャーロック・ホームズ博物館はかなり人気の観光地になっています。

 

建物が狭く、中に入ることのできる人数が限られているので、博物館に入場する為の行列ができていることも多いそうです。

1時間から2時間待たないと入れないことも・・・。

 

私が行ったときは天気が悪かったからなのか、お昼すぎに行ったのですが特に列もできておらず、入場料を払ってすぐに中に入ることができました。

 

f:id:hana_tabi:20180926145542j:plain

 

写真手前の黒い扉側が博物館の入り口になっています。

 

その奥がギフトショップの入り口になっていて、博物館に入るためにはまずこのギフトショップで入場チケットを購入する必要があります。

お店の奥にレジがあるので、そこでチケットを買います。

 

もらうパンフレットが入場チケット代わりになっているので、それを持って博物館の入り口へ。そこに立っている警察官姿をした人にそのパンフレットを見せるとチェックをしてくれるので、そのまま中へ入ります。

 

私が訪れた時はすいていて列がなかったので、お店でチケットを購入した後、お店の中左手の扉の前に警察官姿の人がいて、その人にチケットを見せると外に出ることなく博物館の方に入ることができました。

 

混んでいる時間帯は外に行列ができていて、その警察官姿の方も外にいるようです。

 

 

ホームズの住んでいた下宿が再現されている

 

階段を上がっていくと、ホームズの住んでいた部屋が見えてきます。

書斎や寝室などいくつかの部屋を覗くことができます。

 

f:id:hana_tabi:20180926172517j:plain

f:id:hana_tabi:20180926172525j:plain

f:id:hana_tabi:20180926172555j:plain

 

部屋はそんなに広くはないのですが、ひとつひとつ見てみると、ホームズの小道具や時間解決のカギになったアイテムなど、シャーロックホームズの小説に出てくるゆかりのあるものを見つけることができます。

 

 

蝋人形たちも出迎えてくれる

 

怖かったので写真をほとんど撮らなかったのですが(笑)、いたるところに蝋人形もいました。

急に出てくるのでかなりびっくりしますが、物語のシーンを再現しているものが多かったです。

 

f:id:hana_tabi:20180926173735j:plain

 

 

ホームズになりきって記念写真も撮れる!

 

ホームズの書斎では記念写真を撮ることができました。

ホームズのパイプや帽子(鹿撃帽)や虫眼鏡が用意されていて、それらを自由に持って椅子に座って写真を撮ります。

 

f:id:hana_tabi:20180926174326j:plain

 

私は一人で行ったのですが、その部屋にいた係のおじさんが写真を撮ってくれました。

 

 

シャーロック関連のグッズがいっぱい!BBCドラマ「SHERLOCK」のグッズもあり!

 

ひと通り満足した私はグッズを買おうと1階のお土産屋さんに戻りました。

 

私はBBCドラマの「SHERLOCK」シリーズが大好きなのですが、そのグッズがたくさんあるではありませんか!!

マグカップやトートバッグ、ポスター、ノートなどなどたくさん種類がありました。

 

シャーロックホームズシリーズの映像化された様々な作品のグッズも置いてあるようです。

 

他にもTシャツやシャーロックがかぶっている鹿撃帽も売っていました。

グッズは種類豊富でどれを買おうかかなり迷いました・・・。

 

 

ホームズ好きなら並んででも行った方がいい!けどグッズ買うだけでも楽しめる!

 

私が訪れた時はたまたますいていたらしく、こんなにいつも混んでいる場所だと知らなかったのですが、本当に人気で行列が絶えないそうです。

 

博物館自体は狭くこじんまりとしていて内容もそこまで多いわけではないですが、入場料は大人£15と割と高めです。

 

どうしようか迷う方もいると思いますが、私は行ってよかったと思います!

 

2時間も並んでまで行きたくない・・・という方は、朝一の人が少ない時間帯を狙うことをオススメします!

人が多いとその分博物館の中も人だらけで見にくいし動きにくいと思います。

ひと部屋に5人くらいしか入れない大きさでした。

 

それでも行列になっている場合も多いみたいなので、せっかく来たけど人多すぎるからやめよう・・・という方はぜひ1階のショップだけでも十分楽しめると思います。

 

ホームズ好きな方はぜひ行ってみてください~