はな旅ごころ

大学休学してワーホリ生活した24歳女子が「やりたいことをやりたいときにやる」をモットーにワーホリやら旅行について語ります。

【青年海外協力隊】新卒大学生が二次面接で聞かれた質問まとめ【人物面接編】

 

受けた時期:2018年度春募集

応募職種:環境教育

応募時身分:新卒大学生(2019年3月卒業予定)

結果:登録(補欠合格的なやつ)

 

二次選考(人物面接編)

JICAボランティアにふさわしいかどうか

 

私が実際に聞かれた質問をリストアップしました。

 

  • 参加しようと思った動機
  • なぜこのタイミングなのか
  • 自分はリーダータイプか協調性タイプか
  • 自分が行う活動に全く興味のない人たちにどうアプローチするか
  • 海外での生活について不安などはあるか
  • 帰国後どのようなこと・仕事がしたいか

 

やはり新卒大学生らしい質問が多かったかな、という印象でした。

 

2つ目の「なぜこのタイミングなのか」という質問では、就職してから協力隊に参加する道ではなく、なぜこの卒業のタイミングで参加したいのかを聞かれました。

 

 

新卒大学生や大学を休学して参加しようと考えている大学生は、

  • なぜこのタイミングで参加したいのか
  • 帰国後のキャリアプラン

この2つはしっかりと考えておいた方がいいと思います。

 

 

それ以外は、大学生関係なく受験者共通して考えておくべき質問です。

 

「派遣された国で与えられたミッションに対し、どう取り組むのか」

 

ずばずば意見を言うタイプなのか、みんなの意見を聞いてまとめるタイプなのか

 

興味ない人たちにどう振り向いてもらうのか

 

ミッションや周りの人に対する姿勢や関わり方が問われます。

 

 

外国に派遣されて、簡単に問題が解決できるわけではありません。

 

困難が立ちはだかったときに、どう対処するか

 

青年海外協力隊に必要とされているのはここだと思います。

 

 

青年海外協力隊関連の他記事

www.hanatabigokoro.com

 

www.hanatabigokoro.com