はな旅ごころ

大学休学してワーホリ生活した24歳女子が「やりたいことをやりたいときにやる」をモットーにワーホリやら旅行について語ります。

【青年海外協力隊】新卒大学生が実際に二次面接で聞かれたことまとめ【技術面接編】

 

受けた時期:2018年度春募集

応募職種:環境教育

応募時身分:新卒大学生(2019年3月卒業予定)

結果:登録(補欠合格的なやつ)

 

二次選考(技術面接編)

実際に私が聞かれた質問リスト

 

  1. (応募職種分野での)活動経験を簡単に1分で説明
  2. 活動経験の中での自分の役割
  3. その役割で面白かった・楽しかったところと苦労
  4. 上で答えた以外の活動はあるか
  5. 行きたくない要請はどんな内容・場所か
  6. 家族の協力や応援について
  7. 中国での活動はどうか

 

質問それぞれを詳しくみていきます。

 

  • (応募職種分野での)活動経験を簡単に1分で説明
  • 活動経験の中での自分の役割
  • その役割で面白かった・楽しかったところと苦労
  • 上で答えた以外の活動はあるか

最初の4つの質問は活動分野に関する経験について聞かれました。

これは応募職種に関係なく必ず聞かれる質問でしょう。

 

応募する際に提出した応募書類に活動分野に関する経験を書いているので、それらをもう少し詳し目に話しました。

さらにその活動の中で自分がどんな役割を担っていたか聞かれ、私はリーダーだったのでリーダーならではの苦労や楽しさを思うがままに話しました。

 

 

例えば大学時代に所属する団体やサークルでの経験を話すのであれば、その団体として行ったことに加えて、自分は何をしたのか、どんな役割を担ったのかを、しっかりと事前に振り返っておくと面接のときにあせらないで済みます。

 

 

  • 行きたくない要請はどんな内容・場所か

たしか、面接官は

「これだったらちょっと辞退しちゃうかも・・・って考えてしまうポイントはありますか」

と言ったと思います。

 

これも必ず聞かれる質問だと思います。

1つの職種に対し第3希望まで要請を選べますが、いざ合格通知が来た時にその3つの要請地に派遣されるとは限りません。

あくまでも希望であって、JICAにとって重要なのは要請側のニーズに合った協力隊員を派遣することです。

 

でもJICAは応募者側のニーズも聞いておく必要がありますよね。

 

国・地域・治安・医療環境・言語・内容など

 

これだったらせっかく合格もらったけど行きたくない、と思うポイントを聞いておくことで、なるべく応募者のニーズに合った要請に派遣してあげたいというJICAの優しさです。

(ここを抑えておかないと、辞退が増えて要請側に迷惑をかけることになるからです)

 

もちろん、どこでもいいです!どこでも行きます!という方もいると思います。それはそれでいいと思いますが、何かあるならここで正直に答えておくのが賢明です。

 

私はこんな質問が来ると思わず事前に考えてなくてあせったのですが、

 

  • 私(女)一人で活動するのに支障が出るような治安の悪いところにはあまり行きたくない
  • 環境教育の分野は大きく自然保護と啓発活動に分けられるが、自分の経験を活かせる啓発活動がよく、自然保護の要請がある場所では自分はあまり活きない

 

と伝えました。

 

「合否には全く関係ないから正直に答えてね~」

 

と強調されたので、「行きたい」ではなく、「行きたくない」場所や内容等を考えておいて、正直に言った方がいいと思います(笑)

 

  • 家族の協力や応援について

家族が協力隊として派遣されることに関してどう思っているか、応援してくれているのか、心配しているのかについて聞かれました。

 

  • 中国での活動はどうか

この質問に関しては、私自身よくわかってません。

このまま「中国に派遣されるのはどう思いますか」って聞かれました。

たまたま私が中国の派遣に合っていてどうか聞いたのか、意図がよくわかりませんでした(笑)

これも合否に関係ないから正直に答えてねと言われたので、個人的に中国に対していいイメージはないことを正直に伝えました(笑)

 

今考えるとそれが合格をもらえなかった理由なんですかね・・・・(泣)

 

面接前におさえておきたいポイント3つ

  • 応募書類で書いたことを見直す
  • 団体が、ではなく自分が何をしたか考える
  • 「行きたい」だけでなく「行きたくない」要請を考える

 

私が面接を受けた時は、女性2人の面接官で、割と和やかに進みました。

最初は緊張していたのですが、どんどん自分を出してしっかり話すことができたと思います。

 

ある程度予想される質問を準備しておくのがいちばんです。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

青年海外協力隊関連の他記事

www.hanatabigokoro.com

www.hanatabigokoro.com