はな旅ごころ

大学休学してワーホリ生活した24歳女子が「やりたいことをやりたいときにやる」をモットーにワーホリやら旅行について語ります。

ロンドン観光で外せない場所ナンバーワン、大英博物館を3時間滞在で堪能してきた!

 

f:id:hana_tabi:20180924191445p:plain

 

ずーっと行きたかった大英博物館に行ってきました。

 

膨大な量の展示品!効率的にまわる方法は?

大英博物館は世界最大の博物館のひとつであり、世界各地から集められた約800万点が収蔵されているそうです。

 

そのうち常設展示されているのは約15万点です。

このものすごい量を全部見るのに一体どれくらい時間が必要なんでしょうか・・・。

 

ロンドンは他にも訪れたい場所がたくさんあるので、ずーっと大英博物館にいるわけにもいきません。

 

私は3時間しか滞在時間を取れなかったので、効率的に回るための方法を考えました。

 

必ず見たいものをリストアップ

 

インターネットで調べたり、ガイドブックを読んだりすれば、大英博物館に展示されている有名な展示物が分かります。

 

大英博物館の公式サイトでは、滞在1時間・滞在3時間・子供と一緒のパターンが用意されていました。

 

展示品の名前等一部英語ですが、日本語設定にして調べることもできます。

www.britishmuseum.org

 

いよいよ大英博物館へ!

f:id:hana_tabi:20180924112045j:plain

 

私が行った日は雨模様が天気が悪かったのですが、朝一で行ったので人はまだ少なめでした。

 

手荷物検査を受けて建物の中へ。

 

f:id:hana_tabi:20180924112034j:plain

 

これからいろいろな展示品がみられると思うとウキウキです。

 

左右でガイドマップの販売やオーディオガイドの貸し出しなどが行われていました。

 

私は英語版のガイドマップを買いました(無料ですが寄付推奨)が、日本語版のガイドマップも置いてありました。

 

まずは古代エジプトの世界へ。

 

 

古代エジプトの世界!ロゼッタストーンが目の前に!

 

建物入って左側すぐのルーム4には古代エジプトの貴重なコレクションが集められています。

 

大英博物館の目玉の1つである「ロゼッタストーン」や「ラムセス2世の胸像」、「アメンホテプ3世の頭部像」などが展示されています。

 

・ロゼッタストーン

 

f:id:hana_tabi:20180924155016p:plain

 

透明ケースに入っていますが、間近に見てみると想像以上に大きかったです。

調べてみると760キロもの重さがあるそうです。でかい!!重い!!

 

・ラムセス2世の胸像

f:id:hana_tabi:20180924154436j:plain

 

このエリアは入ってすぐの場所にあり、みんなが注目する人気の展示物が多いので、かなり混雑しています。

 

朝一で入ったときはあまり人がいなくてゆっくり見ることができたのですが、ひと通り回ってから最後にもう一度・・・と思って見に行くと、それはもうすごい人。

 

f:id:hana_tabi:20180924153723j:plain

 

人混みで博物館を回るのにさらに時間がかかりそうです。

 

時間に余裕がある方はなるべく朝一もしくは夕方の人が少ない時間帯を狙うと、ゆっくりじっくり博物館を堪能できると思います。

 

ミイラも多数展示!

 

古代エジプトのエリアはやはり人気のようです。

2階にあるルーム61~66の古代エジプトのエリアでは、ミイラがみられるとあってここも多くの人でにぎわっていました。

 

f:id:hana_tabi:20180924173842j:plain

 

他にもたくさんミイラが展示されていて、異様な雰囲気で少し怖かったです。

 

日本のエリアもある!?

 

日本のエリアもあります、しかもしっかり(笑)

和室や教科書でみたことあるような銅鐸などから現代の日本の漫画文化まで。

 

時間に余裕がある方は行ってみると面白いと思います。

 

私がこのエリアにいたタイミングで、スタッフによる無料のプチツアー的なものが行われていました。

 

海外の目線から日本の文化についてどのように語られているか気になりますね。

 

英語のみの開催ですが、色々なエリアで行われているようなので、時間を合わせて貴重な話を聞くと面白いかもしれません。

 

f:id:hana_tabi:20180924174153j:plain

 

この時は鎧兜の説明をされてました。

 

海外の方からすると、やっぱり日本は「サムライ」のイメージが強いんでしょうね。

このエリアにいた方は結構熱心にガイドさんの説明を聞いてました。

 

私のお気に入り、ルイス島のチェス駒

 

f:id:hana_tabi:20180924174844j:plain

 

「かわいらしいチェス駒だなあ~」と何気なく写真を撮ってたんですが、後から調べてみると、これはハリーポッターの映画にも小道具として出てきたそうです。

 

お土産としてチェス駒のレプリカが販売されるくらい、このルイス島のチェス駒は人気だそうです。

ちょっと買おうかどうしようか迷ってやめました(笑)

 

見つかったチェス駒78個のうち、大英博物館所蔵は67個・スコットランド国立博物館所蔵は11個と分かれてチェス駒がそれぞれに所蔵されています。

 

(調べてみるとこのチェス駒78個をめぐって大英博物館とスコットランド側で所有権をめぐって論争もあるとか。)

 

スコットランド国立博物館も後日行ったのに!

全然知らなかった!!もったいない!!!

 

こういう背景を知りながら実物をみるとさらに面白かっただろうなと少し後悔です。

 

見どころがありすぎて時間がいくらあっても足りない!

 

私は3時間しかいられなかったので、自分の目玉展示を決めてそれらを中心にまわりました。

 

自分が興味ある展示は少しじっくり、それ以外はさーっと流す程度であれば、3時間程度でなんとなく全体は回れると思います。

 

私もなんとなく全体は回れたのですが、もっとじっくりゆっくり見たかった・・・。

 

写真に載せた古代エジプトの展示や日本文化の展示だけでなく、モアイ像やパルテノン神殿の一部などギリシアなどなど、世界各地から集められたものを見ることができます。

 

f:id:hana_tabi:20180924180305j:plain

 

私は時間の関係もあってオーディオガイドは借りなかったのですが、

 

じっくり大英博物館を楽しみたい!という方は、ぜひオーディオガイドを借りて日本語ガイドをききながら、時にはガイドさんの英語のお話も聞いて、大英博物館を堪能することをオススメします!

 

曜日や時間帯によっては日本語ガイドのツアーもあるみたいなので、ツアーに参加してガイドさんから貴重なお話を聞くのもいいかもしれませんね。

 

www.veltra.com

 

次回行ったときは、必ずオーディオガイドを借りるかガイドツアーに参加しようと思います!!